オステオパシー?整体?

本来オステオパシーと整体は違うものです。

オステオパシーは、アメリカの医師アンドリュー・スティルがはじめたもので、とにもかくにも解剖学を重視して行います。
それに対して整体は日本発で、特にこれという理論はありません。整体をしている人により様々です。

げんき本舗治療院は整体ではなくオステオパシーをしているわけですが、ただ残念ながらオステオパシーは知名度がない。そこで弊院ホームページの部位によっては「オステオパシー(整体)」としています。

ただ、オステオパシーといっても様々です。理論は同じでも、人により方法は多様で、中心となる手法を上げるだけで10はあるでしょう。たとえば弊院の方法はマッサージ手技を中心に、オステオパシーの理論で組み立てています。

ではオステオパシーの理論とは何か。基本になる哲学があります。

1,人間は全身でひとつのユニットである。
2,人間の機能と構造は一体である。
3,人間の自然治癒力を高めることを重視する。

などですね。

極端な話をすると、このような基本哲学を踏まえてであれば、鍼灸治療もオステオパシーの理論で行うことができます。

げんき本舗治療院
院長・羽山弘一

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中