オステオパシーって何だ

げんき本舗治療院ではオステオパシーも掲げていますが、そのオステオパシーとは何だという方がけっこういらっしゃいます。

オステオパシーは、19世紀後半、アメリカのアンドリュー・スティルが創始した医学です。
薬を使わず、人間の身体全体をひとつのものと見る、身体の機能と構造を関連づけて考える、自然治癒力を引き出すなどと行った基本哲学があり、それまでの悪いところを取ってしまうといった、あるいは個々の症状のみに対処するといった考え方と一線を画した方法をとります。

多くの場合手技療法で治しますが、患者さんにとって何をしているのかわからない方法も多くあります。私の場合、マッサージ由来の手法を多く取り入れていますのでわかりやすい方ですが、たとえば頭の治療などは、何をされているのか理解できないのではないかと思います。

「今日のマッサージは気持ちよかったわ」とか「また整体に来るわね」といわれても何も言いませんが(笑)、本当はオステオパシーです。

げんき本舗治療院
院長・羽山弘一

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中