ふらつき

ふらつきや眩暈の原因にはいろいろありますが、医師の診察でもわからないものがあります。なんとなく頭がふらふらする、というものです。

ご本人にとっては深刻なんですが、病院では気のせいと言われたり、なんともないと言われたり。

実は東洋医学はこのようなふらつきが得意分野です。

痰飲(水毒)といって、水が身体に滞る状態、あるいは肝気(東洋医学でいう肝は実際の肝臓とは少し違います)が上に登っている状態などで、ふらつきが現れます。

あるいは、オステオパシーでも、このような原因不明のふらつきをよく扱います。

もし原因不明のふらつきにお困りでしたら、ご相談ください。

げんき本舗治療院
院長・羽山弘一

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中