坐骨神経痛

坐骨神経とは、おしりから太ももの後ろを通り、下腿まで行く神経です。この神経が痛みを起こしたものが坐骨神経痛。おしりや太ももの裏側が痛みます。

原因は、痛いところの筋肉のほかに、腰部の筋肉の緊張が大きく関わります。医師の診察で椎間板狭窄とかヘルニアとかいわれた人でも、筋肉への鍼治療によって、痛みは大きく寛解します。

坐骨神経痛にお悩みの方は、一度ご相談ください。

げんき本舗治療院
院長・羽山弘一

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中