お子様の治療

お子様に対して、当院では小児鍼とオステオパシーの治療を併用して行います。

小児鍼は痛くありません。痛くないどころか刺すこともしません。刺さない鍼(弊院では鍉鍼というチタン製の鍼をよく用います)で、こすったり突っついたりして治します。

オステオパシーは、多く頭に対しての治療を行います。頭に軽く触れ、身体全体の状態をニュートラル(正常)にもどす治療です。

これらの治療を行うことにより、お子様特有の症状、たとえば夜泣きとかチックなどといった諸症状に効果を発揮させます。

げんき本舗治療院
院長・羽山弘一

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中